交通事故の原因

全国各地で毎年問題になっている交通事故ですが、年々減少傾向にあります。
死者数は11年間連続して減少しており、次第に交通事故に関する意識付けが高まってきている状況になっています。

しかし運転免許を保有している人が年々高齢化しており、それとともに高齢者が引き起こす交通事故も増えてきています。
データを見ていくと高齢者が引き起こしている交通事故は10年前より1.3倍以上になっており、75歳以上では倍に増えています。
道路で見ていくと一般国道が全体の3分の1を占めていますが、高速道路での交通事故も少なくありません。
些細な運転ミスによって引き起こされる交通事故も多く、死亡事故の要因となっています。
関東圏を通っている首都高速や関西圏を通っている阪神高速そして名古屋などを通っている東名高速で事故が頻発しています。

交通事故の負傷者の統計を見ていくと、自動車に乗っている最中に発生しているケースが多いです。
全体の6割以上は自動車に乗っている最中に交通事故に遭遇しています。
その一方で自転車も多く、全体の2割近くが該当しています。
さらにバイクなどの二輪車が引き起こす交通事故や歩いて遭遇してしまうケースもあります。
特に自転車に乗っている時に発生する交通事故は徐々に増えており、脚だけでなく頭などに怪我を負ってしまうケースも少なくありません。
自転車に乗る時には、多くの教育機関で交通事故で怪我をしないようにヘルメットを装着するように指導しています。